star dust

雑記

中高生の頃のような

思考回路になっている。いま。

楽に生きるようになって、人を嫌ったり、許さなかったり、するようになった。それ自体は悪ではないんだろうけれど、でもやっぱり、良い形で自分に返ってくることはないなあ。誰にどう影響してしまったかわからない。気付かないところで誰かに流れ弾を当ててしまっているかもしれない。人を嫌うのだから、嫌われても文句は言えない。結局自分のことしか見えていないので、そういうことすべてに、気付けない。

何かをしてしまったんだったら、謝るべきだと思うし。察したなら身を引くべきだといつだったか言ったこの口だから、同じようにしなければいけないと思う。でもまあ一旦、同期に相談してみようか。きっとフェアだと思うひと。仮に私のことを嫌いでも、フェアに話してくれると思うひと。

最近は、蝶よ花よと大切にしてくれるひとがいるから。どこかで調子に乗ってしまっているのかもしれなくて。やっぱりとても怖い。怖いなあ。楽じゃないわたしが、戻ってきているのかもな。ひとまず粛々といるしかない。やるべきことをやって、粛々と。