star dust

雑記

綾辻行人『Another』

読書感想。

Another

Another

 

 

<あらすじ>

その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける…。

<感想(ネタバレあり)>

以前にアニメを観て筋は知っていたので、ボリュームのある本書に手を出すか躊躇っていましたが、館シリーズにハマり綾辻さんの著書をもっと読みたいと思ったので購入。若い主人公の一人称視点で書かれているのもあってか、本当に読みやすい文章で、あっという間に読んでしまいました。

人の力の及ばない「現象」が確固として存在する、世界観の根っこはホラーですが、ミステリ要素も楽しめます。ルールを推理する、という点ではちょっとひぐらしを思い出しました。加えて、ボーイミーツガールの青春要素もあり。どんどんデレてくる鳴ちゃんの可愛さといったらもう。ね。

ああでもやっぱり、何も知らない状態で読みたかったな!死者は誰なのか考えながら読み進めて、結末にびっくりさせられたかった…。原作→アニメの順番がよいでしょうね。叙述トリックを一番味わえる媒体はやっぱり文章だと思うし、その真相を知った上で、叙述トリックを映像上で成立させるために工夫を凝らしているアニメを観て、ほほーと思いながら楽しみたかった。原作とアニメで、活躍具合が違うキャラクターもいますしね。ああ、漫画も読んでみたいな。

何はともあれ、面白かったです。出来れば予備知識なしで読むのがおすすめ。

広告を非表示にする